2006年12月01日

1日は「ハリネズミと金貨」

±〓??〓〓〓〓〓jpg.JPG

昨日掲示した「おすすめの本アドベントカレンダー」。
今日12月1日からスタート。

はり.jpg

1日は「ハリネズミと金貨」にした。
最初、23冊分いっぺんに展示しようかと思っていたが、
思い直して、その日の分を1冊ずつ展示していくことにした。
その方がアドベントの主旨にかなっているし、
意味も理解してもらえるのではないか、と思ったから。
本も、図書室の中ではなく廊下の掲示の脇に展示した。

はりねずみです.jpg てんじほん.jpg

「アドベントカレンダーって知ってる?」と尋ねると、
ほとんどの子が「知らない」と答える。
まあ、私も最近まで知らなかったのだから無理はない。
日本人だしね。
知ってると答えた子は、家の人に教わったのではなく、
近所のおばあさんから聞いたと言っていた。
子どもを集めて工作や絵を教えているおばあさんで、
その人の家には、廊下の壁じゅうにアドベントカレンダーが
5枚くらい貼ってあるらしい。そして、
「どれでも好きなのめくってごらん」と言ってくれるそうだ。

そういうおばあさんが近所にいるなんて、いいね。

さて、明日と明後日の分は、どうしようかな?
家が近いから来るか、なんて・・・。








posted by Helenaヘレナ at 11:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アドベントカレンダー、手作りなんですね! こういうの、家にも貼ってみたいと毎年思いつつ実現したことがありません。
アドベントカレンダーはドイツというイメージがします。わたしはクレイアニメ「ピングー」で知りました(笑)図書館というのは本を通じて季節や行事を感じたり、文化を知るところなのだな、と改めて思いました。
Posted by kmy at 2006年12月01日 13:59
kmyさま、
ありがとうございます!
そう言っていただけると、やった甲斐があるというものです。
これが小学生にとって一体何の役に立つというのかしら・・・?なんて思うこともあるのですよね、実際。でも文化の担い手と思えば、自信も湧いてきます。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年12月01日 16:16
ヘレナさま、すごいですね!!すてきなアドベントカレンダーと、オススメの本、私には無理だーと落ち込んでしまうくらいステキです!!
 
私は、中学校に「障害者の日」に関する展示と、エイズの本紹介、ほんの少しクリスマスらしく飾ったくらいでお茶を濁してしまいました。
 
小学校にはクリスマスツリーと「クリスマスの本」展示で済ませようかとたくらんでいたのですが、やっぱり頑張ってみます。
Posted by hima at 2006年12月01日 17:14
やりましたね〜すごい!! さすがヘレナ先生ッ
私は数年前ターシャテューダーの書籍で知りました。
今年は私もやりたかったのですが、読み聞かせのメンバーはアドベントカレンダーのことを知らなかったようで(と言うと知ったかぶりのようでいやですね‥)却下‥来年の参考になりました。
今年は、ツリーにお勧めの本のオーナメントを作って飾ることになりました。私達の会のコーナーも作ってもらってワクワクです。21日にクリスマスのイベントをします。毎年クリスマスは子ども達の為なのか自分達の為なのか何だか気持ちが浮いててハリきってしまいます。
 私事ですが、もうすぐサブダのポップアップ絵本が届きます。(田舎にいると残念ながらお目にはかかれませんでした。)高価なのと品切れでなかなか手に入りませんでしたが今年は2冊も注文ができました。娘と楽しみにしています。後で知ったのですが、サブダご本人が来日されるそうですね。都会はいいなぁ〜
Posted by 田舎の司書もどき at 2006年12月01日 21:50
himaさま、
ありがとうございます!!
私のように、小さな学校一校の専任だと、
とにかく、何かやらないと、というプレッシャーがあって、毎年図書集会とクリスマスはかなりつらいです。
クリスマスの掲示も3回目なので、なんとか
それなりに楽しみながら出来たけど・・・。
中学の掲示も、また難しそうですね。
がんばってください!!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年12月04日 09:15
田舎の司書もどきさま、
ありがとうございます!!
楽しそうなイベントがたくさんあっていいなあ。
おすすめの本のオーナメント、見てみたいです。
みんなで楽しみながら、子ども達のためにするクリスマス、温かい感じがして、とてもうらやましいです。
サブダってすごいんですね。
恥ずかしながら、全く知りませんでした。
今回教えていただいて、ネットで調べました。
うちも娘のプレゼントにしたいなあ。
でも、もう売り切れかしら・・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年12月04日 09:19
サブダのことを書かれて下さったのでまた書き込ませていただきます。
 サブダ昨日届きました。
驚きと楽しみが減るので詳しい紹介はしませんね。英語版で日本語解説書がちょっと別紙でついていました。(日本語に堪能な私にはうれしいです。)
私が買えたのは、クッキーカウント(1から10までクッキーとネズミが増えていき最後のページはお菓子の家です。)とクリスマスの12日10周年版(1から12までオーナメントが増えていき最後は全部が勢ぞろいのツリーになります。なぜか電池がついています。オーナメントのおまけ付)カラフルで仕掛けが超すごい。でも、紙なので壊してしまいそうでみんなに見て欲しいけど個人のコレクション向きだと思います。
 クリスマスの本をも1つ紹介させてください。ジミー・ホーキンズ著あすなろ書房で中身は60年前でも最近出た本『すばらしきかな、人生』クリスマス映画の絵本版で今の時代だから読んで欲しい‥押しつけでないメッセージが感じられる本だと思いました。
Posted by 田舎の司書もどき at 2006年12月04日 22:48
田舎の司書もどきさま、
うらやましい!!すごいですね。見てみたい!
私の住んでいるところも、負けないくらい田舎なので、書店で直接見ることは不可能ですが、今はネットがあっていい時代です。
こうしていろいろ教えてもらえるし。
「すばらしきかな、人生」検索してみました。
これもぜひ読んでみたい!けど、図書館にはまだ来てなさそうだし、お取り寄せかしら・・。
サブダといい、一度に世界が広がった感じです。
ありがとうございました!!
Posted by Helenaヘレナ at 2006年12月05日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。