2006年12月15日

I Wish you A Merry Christmas・・・−Dear Friends第2弾

12月のある寒い朝、ふたたび、Yatsyヤッツィーから手紙が届いた。
今度もまたDear Friendsで始まっていた。

「冬はすてきだよ。八ヶ岳の冬はとても寒いから、お部屋をあたたかくして、あたたかいセーターを着て、ストーブの前にごろんとなったり、こたつにもぐったりして、ゆっくり『本』を読むんだ」
(手紙より引用)

ヤッツィーのこの冬のおすすめの本は
「クリスマス・キャロル」「若草物語」らしい。

そして「本を読むってなんだろう?」と続き、

「本の中に、もし『海』が出てきたらその『海』は、君だけの海。
君だけが見たことがあったり、想像することができる海なんじゃないかなあ・・・。
『本を読む』って、そんな風に自分の心の中にその本の世界を
作るってことだと思うな」(手紙より引用)

追伸には、北欧の習慣「4本のロウソクのAdvent」について書かれていた。
う〜む、Yatsyは外国の方なのだろうか・・・?
それにしては日本語が堪能だ・・・。

さて今回も図書室だより「飛行船」に掲載した上で、廊下に掲示した。

やっつぃーくりすますjpg.JPG

〓〓〓〓〓??〓????.jpg
「4本のロウソクのAdvent」。同封されていた絵を、拡大コピーした。絵があると、わかりやすい。













〓〓〓〓〓〓〓〓〓??Ρ??????.jpg
「クリスマス・キャロル」と「若草物語」。どちらも、クリスマス・イヴにお話が始まる。「若草物語」はクリスマスに始まり、クリスマスに終わる。









〓[〓E〓[〓〓〓.jpgカール・ラーション」はスウェーデンの画家。ヤッツィーが好きな画家らしい。














今回も、「ヤッツィーに返事のお手紙をかこう!!」のお知らせを
作ったのだが、ヤッツィーが「では、冬休みに読んだ本の話、返事まってるよ」と言っているので、ポストの設置は、冬休み明けにすることにした。

図書室だよりを配った後、子ども達から
「ねえ、ヤッツィーって、やっぱり先生じゃないの?」と言われた。
違うって言ってるでしょ。
よくお手紙を読めば、わかるじゃないの、正体が・・・。

ということで、みなさん・・・アイウィッシュユウアメリイ.jpg





posted by Helenaヘレナ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。