2007年02月19日

本が失くなる時

常々、思っていたことではあるけれど、
私の側には、ブラックホールがある。
そうでなければ、こんなに物が頻繁に失くなるわけがない。

昨年も、職員会議資料を職員室で失くした。
もともと職員室に私の机はなく、
朝の打ち合わせでは、用務員さんの机を半分借りている。
職員会議の折には、全部借りている。
職員会議の資料を子ども達の目に触れさせてはいけないので、
資料のファイルは用務員さんの机の一角を貸していただいて、
そこに置いた箱の中に入れておいた。
それが、ある日忽然と消えた。
恥を忍んで、みんなに聞いたが、結局出てこないまま。
こう言ってはなんだが、私には特に必要ないものだったので
職員室の外に出なければ別に問題ないのだが、
しかし、どこへ行ってしまったのか、気持ちが悪い。

こういうことがあると、生活していくうえでとても不安だ。
整理整頓できない。記憶に自信がない。
こんな人間が司書をやっていて良いのだろうか???

今日は、朝からブラックホール日和だった。
すでに2冊も本が紛失している。
それも、新しい本。
ブラックホールは殊更新しい本がスキなのである。
朝、今年度最後の新しい本を展示した直後、
「かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご」が忽然と姿を消した。
空になった展示イーゼルが、少し離れた場所にむなしく倒れていた。
しかし、ロングの休み時間は音楽活動で、誰一人として図書室に入ってきた子はいないはずなのだ。
??????
幸い、「かいけつゾロリ」のコーナーの書架を見たら、
そこにあった。あーっ、良かった!でも、断じて私ではない!

昼休み、1年生が大挙押しかけてきて、貸し出しに追われて
いるそのほんの隙に、
「妖界ナビ・ルナI黄金に輝く月」が、忽然と姿を消した。
そこにいた子ども達に聞いても、誰も知らないと言う。
うーっ、うーっ、またブラックホールの穴が開いてしまった!
??????
幸い、5年生の女の子が借りたらしいことがわかった。
「代本板置かなきゃダメじゃない」と注意すると、
「えー、おきました」という返事。
でも、彼女の代本板は、全く違う場所に置かれていた。
う〜ん、彼女の思い違いか?それとも事件か???

今回は、幸いなことに2冊ともブラックホールの口に
合わなかったらしく、吐き出してくれた。よかった!
しかし、ブラックホールに飲み込まれて、
結局戻らなかった本も、今まで何冊もあるのだ。
ブラックホールがある図書室は、ウチだけだろうか?

対策といっても、難しい。
カギをかけるわけにもいかないし、大体今日の2冊だって、
私がいる前で吸い込まれてしまった可能性もあるのだ。
一番困るのは、つい子供を疑いそうになってしまうことだ。
ブラックホールの仕業だというのに・・・・。
う〜ん、今日の職員会議、出たくないなあ。



posted by Helenaヘレナ at 14:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は最初は産休代替で入った司書だったのですが、その時は代本板を使っていました。
次の年度から私が正式に配属になったので、それを機に代本板制度を廃止しました。

問題点は、子供自身が2つある代本板のどちらの本かわからなくなってしまう子供がいることでした。入れ替わってしまうので、とんでもないところにとんでもない本が…と言うことが低学年の場合よくありました。

Helenaさんの場合はちょっと違いますが、代本板の限界を感じてしまう時ってありませんか?難しいですよね…
Posted by Witch☆ at 2007年02月19日 21:32
ウチの学校にも確かにブラックホールはあります。これは代本板にはあまり関係ないことで。
ウチの市ではもう代本板を使っているところはないと思われますが、それがあってもなくても、本が勝手にお散歩してしまうのはかわりません。
ヘレナさんの今回の2冊のように出てくればいいですけど、予約すればいいのに、その手続きを踏まないで、そっと本を隠しておくとか、書架から本を抜いて、手続き忘れて教室へ持って帰ってしまうとか、しょっちゅうですね。まだ悪意はないと信じたいですけど、過去には「家の本棚から学校の本が出てきました」といって親御さんが本人に付き添って、10冊くらい本を返しに来てくださったこともありましたよ。
Posted by nora-taka at 2007年02月19日 23:03
Witch☆さま、
そうですね。代本板自体がなくなってしまうことも多いので、限界は感じていますが、ウチの場合、コンピューター化されていないので、
今その本を誰が借りているのか調べる手がかりになっているため、なかなか廃止できません。
場所も取るし、使っていない学校も多いみたいですね。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年02月20日 10:52
nora-takaさんのところにもブラックホールはあるんですね。学校の規模が大きいだけに、ブラックホールも大きいのでしょうか。
10冊というのは、スゴイ!でも、保護者が協力的な方でよかったですね。
小学校の本は蔵書的価値より、むしろ子供の学習のためという側面が強いので、消耗品と同じと、ある程度割り切ってはいるものの、やはりなくなるとショック!ですね。特に新しい本だったりすると・・・。もう、なくなっちゃったの??って感じで。
以前は、先生方も気楽に本を持ち出してしまう空気がありましたが、私がしつこく聞いて回ったため、いちいち断ってくれるようになりました。
意外に図書室の状況がわからないみたいなので、
こちらの管理ミスの恥を忍んで、職員会議などで協力を呼びかけるといいみたいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年02月20日 11:03
ああ、ブラックホール!私の周りにもたくさんのホールが…。私物が忽然と消えるのは致し方ないとしても、図書館の本はつらいですね。この間も予約の本が予約棚から消えてなくなり、探し回ったら、予約の子が持っていました。借りたよ、と本人は言うのですが、予約中のままなのに。
 卒業した子の親御さんが袋いっぱいの本を持ってこられるという経験は、私もしたことがあります。確か、兄妹3人分でした。それ以来、少々うるさがられても年度末にはきちんと返すよう、強く言うようになりましたね。
Posted by hima at 2007年02月20日 16:16
himaさんのところにも、あるのですね。
それも、大小たくさんの・・・。
子供が勝手にとっていって、貸し出し手続きをしたつもりで、実はしてなかったり・・・。
あの本が読みたい〜、と思うと、
他のことが頭から抜けてしまうに違いない。
まあ、そこまで執着してくれるのはありがたいことですが・・・。
以前、図書館に暫く勤務していた頃聞いた話ですが、部屋の書棚に、ずっと返していない各図書館の本が並んでるに違いないというスゴイ利用者がいました。家宅捜索するわけにいかないだろうし、せいぜい催促のハガキを出すくらい。
公共図書館のブラックホールも、すごく大きそうですね。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年02月21日 09:34
ブラックホール…私のそばにもいっぱいあるみたいです。
私の場合は記憶の欠落という穴が…たぶん。
うちもコンピュータ化はされていませんが、代本板はトラブルが多いため廃止しました。そしたらすっきりです。

ところで私の机も職員室にありません。昨年度まであったんですが、今年度は支援員やカウンセラーが増えたので、ひとつの机を3人で共有という事態に…なので、荷物は置けなくなりました。で、図書館にも私の机はありません。仕方なく棚の下にカバンなど置いていたんですが、先日…お金がなくなりました。たまたまその日に書店の人が個人的に注文していた本を届けてくれたのでお金を払ったんですが、そのときにいくら入っていたか確認していたのです。なのになくなっていたの。
やっぱり気持ち悪いですよね、こういうの。そもそも貴重品を置く場所がないというのが問題で、すぐに報告しました。ロッカーをひとつあけてくれましたが…机がないって情けないわ。ヘレナさんの日記を読んで、そうよねー、うちのとこも、用務員さんの机はちゃんとあるのに・・・って。ごめんなさい、自分のとこに書けないことを長々と。
Posted by Yoshiko at 2007年02月21日 09:58
Yoshikoさま、
いいんですよ〜。どんどん書いてください!!
私の場合、最初っからありませんでした。
別に、職員室で仕事をするわけではないし、
かまわないのですが、会議とかの時は困ります。図書室にロッカーはあるけど、カギはない。
ので、もっぱら教材などのガラクタが入っています。前面に子供らの絵がびっしり貼ってあるので、なかなか開けようという気になりません。
しかし、図書室にも机がないというのは、どういうことか??カウンターで仕事されてるのですね。私物がなくなるのは、いやですね。
学校だから大騒ぎできないし・・・。
最初からないと、いまさらくれとは言えないけど、要求することははっきりしておいたほうが
精神衛生的にもいいですね。

ところで、代本板、みなさん廃止されてるんですね〜。来年度はウチも考えようかな。
私がブラックホールに吸い込まれて消えていなかったら・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年02月21日 11:05
そうなんですよねー、職員室に机がなくても、そこで仕事するわけじゃないから別にいいんですが、図書室のカウンターで仕事…って、子どもたちが来たらあわてて隠したり(書いているものを)片付けたり。それがしょっちゅうですから。なんと不便な。
それじゃぁ机をどこに置くか?という問題もありそうで、最初から司書のためのスペースがないわけですよね。強引に作っちゃえばいいのかもしれませんが…一度図書主任の先生に相談してみようと思います。ありがとうございます。
Posted by Yoshiko at 2007年02月21日 18:16
Yoshikoさま、
私の机もカウンターの隣に置いてあるだけなんで、しょっちゅう子ども達が「何やってんの〜?」なんて覗きます。私は覗かれるのがキライなんで、子供が来たら仕事をやめて相手するか、差しさわりのない仕事に切り替えてます。
早めに主任の先生に相談して、スペースを確保した方がいいかも。最初が肝心ですものね。
ウチの場合、何も言わないと、な〜もしてくれないので、図々しくなるよう努力しています。
(努力しなくてもなれるという話もあるが・・・)
Posted by Helenaヘレナ at 2007年02月22日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。