2007年06月21日

早々と人気が出た本

月曜日に新しい本を出して早四日目、
貸し出し数が今ひとつ伸び悩んでいるが、
まだ四日目なのだからこれからよ!と自分に言い聞かせている。

3日目までは、新しい本は一人一回一冊にしていたが、
今日から2冊オーケーにした。
我が校もそう児童数が昨年度より10人減って90人を割った。
一人2冊借りたって、大丈夫。
新しい本の展示コーナーも、代本板の乗っているイーゼルを後ろに
下げ、まだ借りられていない本を手前に出すなどして、
日々売り上げに勤めている。

5校時に娘がいきなり「失礼します」と入ってきた。
あれ、アンタまだ授業中では?と言おうとしたら、
「今、みんなも来るよ」
へっ、と思っていると、どどど・・・と地響きがして
ヌーの大群ならぬ、我が校で最も人数の多い4年生が
やってきた。
そっか、どうも借りる子が少ないと思ったら、
最近4年生がご無沙汰だったんだ。
先日担任の先生に声をかけた甲斐があった。
あっというまに、新しい本は借りられていったのだった。

さて、早々と人気が出ている新しい本を紹介すると、

おかしのいえのおばけパーティー―おばけマンション〈13〉
むらい かよ
4591094545


「おばけマンション」シリーズ。
これは、5年生の図書委員さんが紹介してくれた。
2年生の弟が好きだそうである。
2年生〜4年生に人気がある。
ゾロリよりも更にマンガ風で、最近の子には読みやすいだろう。

IQ探偵ムー―そして、彼女はやってきた。
深沢 美潮 山田 J太
4861760267


これは、6年生に圧倒的に人気が出た。すでに3巻目に突入している子もいる。残念ながら私はまだ読んでいないが、あとがきの
IQクイズは面白かった。

ねらわれた街
あさの あつこ 塚越 文雄
4061485016


これは、私もオススメ!
登場人物のキャラクターが明るく、会話のテンポもいいので、
緊迫したストーリーにもかかわらず、楽しく読める。
今流行の?テレパシー少女の話だが、さすがあさのあつこ。
バッテリーに匹敵するような女の子同士の友情物語に仕上がっている。


時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
香川 元太郎
4569685323


しかし、なんといってもこの本はスゴイ!
我が校では、殆どブームになっているといっていい。
迷路あり、かくし絵あり、クイズあり!で
ミッケ!やウォーリーをさがせ!といった「あそぶ本」が
大好きな子たちに大人気である。
3年生の男の子から、
「先生、この本、としょしつでよみましょう、にしたら?」
と言われ、なるほど、と思いそうした。
今、図書室の新しい目玉商品になっている。





posted by Helenaヘレナ at 17:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子どもたちは、新しい本が大好きです。
うちでも、迷路シリーズ3冊入れましたが、いつも貸出中&予約の状態です。
あさのあつこさんには、こんなシリーズもあるんですね。バッテリーを読み終えた子から、なにか買ってと突っつかれているところでした。
面白そうですね。
シリーズ物の新刊に気がつかないでいると、書店で売ってたよ!買わないの〜?と、子ども達に催促される今日この頃です。
それだけ、本に関心を持つようになってきたということでしょうか?
Posted by 森クマ at 2007年06月21日 22:37
最近、「面白い本がない〜」と言う娘。学校が統合になって図書室が変わったらなんとなく行きづらいそうです。
隣の市立図書館にも行きますが、わたしが平日に行くので、適当に借りてきたりしますが、あまり気に入るものがないようです。(というわけで、最近読書離れ?のようで……)
ヘレナさんの図書室を参考に、さりげな〜く借りておいておこうなどと考えてます。
娘の図書館にはどれくらい新刊の本が入っているのかは謎です。
Posted by kmy at 2007年06月22日 14:50
森クマさま、
そうですか、あと2冊もあるのですね。
うん、がんばって入れよう。
やっぱり迷路とクイズは好きみたいですね。
このシリーズは、なんか歴史のお勉強にもなりそうだし、良いなあ、と思います。
子どもの方がアンテナが高かったりしますよね。
特にシリーズものの最新刊が、予算を使い切った後、出るとつらいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年06月22日 17:02
kmyさんの娘さんなら、お目が高そう。ウチの娘なんぞ、あんなに毎日寝る前の読み聞かせをしてやったというのに、最近はもっぱらマンガ、マンガです。
娘さんが好きそうな本を紹介できるといいですが。司書研究会でも、子どもに本を薦める時のコツとか、本に向かわせる手立てなんかを話し合っていますが、どの司書も頭を悩ませているようです。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年06月22日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。