2005年08月06日

司書のお仕事 2.さかな漢字クイズ

さかな漢字クイズ1jpg.JPG

《問題》魚へんに曼と書くさかなは、三つのうち、どれでしょう?

 昨年「さかな漢字カルタ」を入手した。「ことわざカルタ」だの「方言カルタ」だの、カルタに凝っていた時だったので、これはヒット!だと思った。土地柄、釣り好きな子が多いので、魚にも興味があるはず。でも、開けてみて、唸ってしまった。大人でも知らないような難しい漢字ばかり。考えてみれば、魚へんの漢字は小学校では習わない。でも、このままムダにするには惜しい。

そこで思いついたのがこの「さかな漢字クイズ」。毎月三文字ずつクイズで覚えていこうという企画。図書室だよりに載せ、同時に廊下にも掲示した。子どもはクイズが大好き。廊下に貼ってある黒いシールをベリベリはがすと、絵の魚にあてはまる漢字が出てくる。みんなこのシールが気になるらしく、とにかくはがしては、「あたった」だの「はずれた」だの喜んでいる。

さかな漢字クイズ2jpg.JPG

4月からこれで4回、計12個のさかな漢字クイズを出したわけだが、出す方もお勉強になって楽しい。たとえば、サワラは春おいしいので「鰆」と書く。カツオは身が堅いことから「堅魚」が変化して「鰹」になったらしい。ウナギ「鰻」のつくり「曼」は長いという意味があるそうだ。なかでも感動したのはキス「鱚」日本で作られた国字で、とてもおいしいので、喜ぶという字がついたようだが、なかなか色っぽいステキな充て方だな、と思った。

三月には、子ども達とさかなカルタをして「名人」を決めるのが私の夢だ。






posted by Helenaヘレナ at 17:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ
Posted by at 2006年02月10日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。