2007年09月27日

秋はやっぱり“かぼちゃ”で決まり!

昨日は、先生方の教育研究会の日だった。
子ども達はそれに合わせ集団下校だったので、
私も同じ町内の小学校の図書室を訪ねることに。
11月に控えている図書集会のパネルシアターを
作るためだ。
図書集会の今年のテーマは・・・まだヒミツ!
(もったいぶるほどのものではないけれど)

校長先生にその旨を伝え旅行命令簿にハンコをいただきに行くと、
いつもは二つ返事でOKのなのに、珍しく、
「ふーん、〇〇小学校ね」と、一言いいたそうな雰囲気。
遊びに行くと思われたのかしら?
結局ハンコはいただけたけど、なんとなくもやもやした気持ちを
抱えたまま、〇〇小学校へ行き駐車場に車を止めると、
体育館の扉が開いていて、子ども達が球技をする姿が見えた。
公開授業かあ、と思って何気なく見ていると、
あれ?校長先生?なんだ、体育の研究会の会場はここだったのね。
「お疲れ様です〜」と声を掛けると、校長先生も照れ笑い。
あの意味ありげな雰囲気はこれ、だったのか・・・。

訪ねる度に思うのだけれど、ここの小学校の図書室は美しい。
以前保育士をしていた司書さんは、手先が器用で、
棚には彼女が作った切り絵や折り紙が飾られ、
窓辺には丹精込めて育てた花の鉢が並んでいる。
「私は、ヘレナさんみたいにパソコンが使えないから」
と謙遜しているけれど、不器用でパソコンに頼るほかない私には、
羨ましい限り。
赴任してすぐに、高い書棚で目が届かないから、と
二段重ねになっていた書棚を下ろし、大胆な模様替えを実行した。
確固としたポリシーがあるんだよなあ。

他の図書室を見るのはためになる。
いい意味で、影響を受けて、自分の図書室に帰ってくると、
もっと素敵な図書室にしなきゃ、と意欲が湧いてくるのだ。

さて、その図書室で見つけた本。

ハロウィーンってなぁに? (はじめてBOOK)
クリステル デモワノー Christel Desmoinaux 中島 さおり
4072525006



そろそろハロウィンの展示をしなければ、と思っていたのだが、
魔女やモンスターの本はあるものの、ハロウィンが何か?
と説明されている本というのはなかなかなかった。
中を見ると、ジャックオーランタンの作り方まで書いてあるし、
これだ!と思い、学校に戻って即発注。
在庫はあるようだから、間に合うだろう。
検索している時目についたので、ついでにこれも。

だれも知らないサンタの秘密
アラン スノウ Alan Snow 三辺 律子
475152285X


ハロウィンが終われば、すぐにクリスマスなのだ。

そして、今日の朝読書で一年生に読み聞かせたのはこの本。

かぼちゃスープ
ヘレン クーパー Helen Cooper せな あいこ
4900656321


自宅から持って来た。
以前図書館から借りてきた時は、さほど評判が良くなかったので、
買うのを引き伸ばしにしていたのだが、
一年生が喜んでくれたので、ついでに発注!

やっぱり、秋はかぼちゃ!ですからね。



posted by Helenaヘレナ at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やったー!ウチの図書館にも同じ本があります。あと、ウチにあるかぼちゃの本というと、ちょっと古いのですが、『かぼちゃものがたり』(真珠まりこ=作)ぐらいですね。
 うっかりしている内にお月見も済み、読書月間に突入します。大慌てしています。
Posted by hima at 2007年09月28日 14:29
himaさま、「かぼちゃものがたり」面白そうですね!興味あります。
秋は、ホントに盛りだくさんで、忙しいですね。
でも、それだけやり甲斐がありますよね!!
Posted by Helenaヘレナ at 2007年09月28日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。