2007年10月12日

今年度最後はやっぱり!

今年度も、予算がそろそろ底をついてきた。
最後に50冊ほど、発注をかけた。
その第一弾36冊が納品され、火曜日から貸し出しを開始した。

最後は子ども達に人気のシリーズの第二弾を中心にした。

atarashihonn.JPG

ゴマブックスの「レインボーマジック お天気の妖精」。
1学期に「レインボーマジック」の第一弾を入れたところ、
これが中学年の女の子を中心に大人気!
第二弾、入れるしかないでしょう!という感じである。

もうひとつは、ポプラ社の「Dreamスマッシュ!」の第二弾。
こちらも、1学期に第一弾を入れた。
高学年に人気があったので、引き続き、という感じ。

また、集英社の学習漫画、世界の伝記が、
男子・女子を問わず人気があるので、
「小学館版 学習まんがスペシャル」を入れてみた。
しかしこれは、伝記ではない????
伝記の正確な定義はわからないが、
「その人物の生まれてから死ぬまでが描かれているのが伝記」
と私は思っていた。
でもこのシリーズには、松井秀喜選手が入っているのだ。
何はともあれ、あの若さでもう学習まんが入りを果たした
松井選手は、やはりただものではない!!!

さて、火曜日から貸し出しを開始して、まだ四日目だが、
やはり人気シリーズは強い!!!
殆ど、貸し出し状態である。

ところで、昼休み、校長先生が図書室に来て、
Dreamスマッシュシリーズの「らーめん魔神亭」を
興味深気にご覧になっていた。
そして一言
「これを読むと、ラーメンの作り方がわかる、という本ではなさそう
ですね」とおっしゃった。
「そういう本があったでしょ、ほら」
「こまったさんシリーズですか?」
「そうそう、こまったさん」
「えっ、お好きだったんですか?」
つい驚きをあらわにしてしまった。
「好きでしたよ〜」と校長先生。
あれは女の子が読むものと(特に校長先生の年代だと)
思い込んでいた。

まあ、今や料理の本は男の子に大人気ではあるけれど・・・。
小学生の頃の校長先生は、こまったさんを読んで、
ラーメンを作ったのかしらん?
としばし想像を楽しんだのだった。


posted by Helenaヘレナ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。