2005年08月30日

司書のお仕事 国語辞典でアニマシオン

4年生の授業を毎週1時間担当している。
4年生ともなると、絵本の読み聞かせだけでは時間が持たない。
テーマに沿って本を何冊か紹介するブックトークや、
パネルシアターなどもやるが、
私がよくやるのが、「アニマシオン」

「アニマシオン」とは、スペインで始まった読書推進活動
「アニマ(anima)]=魂というラテン語が語源。
アニマシオン(animacion)は、英語読みだと、アニメーションになるが、
静止しているものに魂を吹き込み、生き生きと活動させることを意味するらしい。

具体的に言うと、本を読み、その後ゲームやクイズをやって、
その物語世界をより深く理解するというもの。
読書というのは個人的な活動だが、その感動を多数で共用する効果もある。

私がやるのは、物語のアニマシオンより、詩や言葉遊びのアニマシオンが多い。

2学期は「国語辞典でアニマシオン」で始めることにした。
一、二回目のクイズで国語辞典になれ、三回目では自分で国語辞典を作ってみる。

第一回目(8月29日)導入「あなたが審査員 一番使いやすい国語辞典を決めよう!」

【1】ある言葉について書かれた四種類の国語辞典の説明文を黒板に貼る。

影麓弓CDjpg.JPG 影麓弓AB.jpg

A=三省堂 例解小学国語辞典  B=学研 新レインボー小学国語辞典
C=小学館 例解学習国語辞典  D=偕成社 下村式小学国語学習辞典

さあ、この説明文があらわしている言葉は何でしょう?
それはどの辞典のどの言葉でわかりましたか?

説明文には1文ずつ@ABと番号をふり、シールで隠す。

アニマシオン目隠しjpg.JPG

【2】A〜Dまで一文ずつ、シールをはがしながら進め、わかったところに答えを書き込む。
  (解答用紙1)

影麓弓回答用紙jpg.JPG

解答用紙には、@どの辞書の A何文目の Bどの言葉でわかったか 
が、わかるようになっている。

【3】シールを全部はがしたら、それぞれの辞書の説明文を全文まとめて読み、
自分にとって一番わかりやすい、または説明がくわしくていいな、と
思った辞書を選び、その理由も明らかにする。(解答用紙2)

答えは、コレです。

カンガルー.jpg

どの辞書が一番カンガルーをわかりやすく的確に説明できていたかな?

私は、Aの三省堂例解小学国語辞典だと思ったんだけど、
子ども達が選んだのは
Cの小学館例解学習国語辞典でした。
理由は、「特徴が詳しくかいてあり、わかりやすい言葉で短くまとめてある」
からだそうです。う〜ん、なるほど!

もう一問「七面鳥」もやってみたけど、これは、Aの三省堂例解小学国語辞典の圧勝でした。

同じ言葉もひく辞書によって、違うものになりえるんだね。
出題した方は大変面白い授業でした。

来週は2回目をやります。





posted by Helenaヘレナ at 09:50| Comment(7) | TrackBack(1) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さくら★ のブログにご来訪ありがとうございます。早速TBで、つづいてコメントでお邪魔します。図書室司書さんって、とても憧れだった職業なので、いろいろと興味深いです。
ちょくちょく寄らせて頂こうと思ってますので、どうぞよろしくお願いします。
Posted by さくら★ at 2005年09月06日 12:50
さくら★さん、コメントありがとうございます。
“憧れの職業”だなんて言ってもらえて嬉しいです。
図書室司書がどんなお仕事をしているか、わかってもらいたくてはじめたブログなのです。
さくら★さんのように言ってくださる方もいますが、
「図書室の先生って何やってるの?」「ヒマなんでしょ?」みたいに思っている人も多いみたいで。
この仕事をしている人でも、学校の中で自分は末席(なんだか変な言い方ですね)にいると卑屈になっている人もいて、そういうのなんだかイヤだなあ、と。
私はこの仕事好きだし、誇りを持っていいと思っているんですが・・・。
しかし、さくら★さん、スゴイ!たかどのほうこからダン・ブラウンまで、読書の幅が広い!
私はもともとマンガから絵本まで、って人だったので、今勉強中です!
また参考にさせていただきたいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年09月07日 16:10
もし よろしかったら どこの学校に勤務されてるか教えていただけませんか。

山梨県で大学でスペイン語を教えておりますが、日本で一番最初にanimacionについて翻訳しました。
Posted by 佐藤 美智代 at 2006年04月15日 16:34
佐藤さま、コメントありがとうございます。
佐藤さんの訳された「読書で遊ぼう アニマシオン」私も読ませていただきました。
そんな方からコメントをいただき、大変光栄に思います。
まだまだ不勉強ですが、これからも様々なアニマシオンの方法を探っていきたいと思っています。
またお寄りいただけると、嬉しいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年04月18日 12:25
ヘレナさん
こんにちは、私はフリーアナウンサーのお仕事を長年しており、現在朗読や絵本の読み語りにをしています。アニマシオンと検索していたら、このホームページを見つけました。アニマシオンをとても興味を持ち色々な本を読みました。もちろん前回コメントされている「読書で遊ぼうアニマシオン」もです。アニマシオンをもっとお勉強したいのですが・・私の住んでいる関西で講習会など見つける事が出来なくて苦戦しています。もし何か情報をお持ちでしたら、是非教えて下さい。
Posted by ひろこりん at 2006年04月28日 13:09
ひろこりんさま、コメントありがとうございます。残念ながら、私の場合本を見つつ、見よう見まねでやってきたので、講習会等の情報は全くわからないのです。特に、関西となると・・・。
それで、専門家の方に相談してみたところ、教えてくださいました。
足立 正治氏という、神戸在住の教授がいらっしゃるそうで、図書館に関して広く活動されているそうです。「足立正治」で検索したら、ブログもありました。
Posted by Helenaヘレナ at 2006年05月01日 09:36
ヘレナさん、お返事遅くなってごめんなさい。ありがとうございました。
私はアメリカの日本語補習校で朗読絵本の読み語りをしに行っておりまして、実は昨日帰国したばかりです。
早速ブログを見てみます。
Posted by ひろこりん at 2006年05月16日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

アニマシオン -カモ少年と謎のペンフレンド-
Excerpt: 今日は八千代の講習会。右の欄でも紹介した、ダニエル・ペナックの「カモ少年と謎のペ
Weblog: さくら★の日記
Tracked: 2005-09-06 00:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。