2007年11月01日

本と図書館がすきな人に・・・

ハロウィンが終わった。
仮装大会の様子を、B49枚でポスター印刷し、
廊下の壁に貼り付けた。
見れば見るほど、みんな楽しそうないい顔をしている。

1031.jpg

今日から11月。
読書の秋本番!ということで、展示も変えた。
テーマは、
「本と図書館を愛する人へ・・・」
しかし、小学生相手なので、

「本と図書館がすきな人に・・・」にした。

honntotosyokannga.jpg

展示した本は・・・

ルリユールおじさん
いせ ひでこ
4652040504


バスラの図書館員―イラクで本当にあった話
ジャネット・ウィンター 長田 弘
4794920423


きょうりゅうが図書館にやってきた (フォア文庫 (B175))
A・フォーサイス 熊谷 鉱司 むかい ながまさ
4323019718


図書室のルパン (あかね・新読み物シリーズ)
河原 潤子
4251041518


としょかんライオン (海外秀作絵本 17)
ミシェル・ヌードセン ケビン・ホークス 福本 友美子
4265068170


どれも、本や図書館をこよなく愛する人や動物が出てくる。

さあ、みんな、図書室にこもって読書しようよ!!


posted by Helenaヘレナ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今年もハロウィンを楽しまれたようですね。
さて、『図書室のルパン」という本は、初めて知りました。
おもしろそう。ありがとうございました。
Posted by nora-taka at 2007年11月03日 00:27
nora-takaさまコメントありがとうございます。
今度の図書集会で、アルセーヌ・ルパンをやるし、ちょうどいいかな、と思い購入しました。
図書室が出てくる本ってあまりないので、もし他の本もご存知だったら教えていただけると、嬉しいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2007年11月05日 10:06
”図書館”ですけど『おばけとしょかん』(評論社)という絵本は子どもたちに人気があります。
あと、『しつれいですが、魔女さんですか』(小峰書店)は、ひとりぼっちの黒猫が図書館で魔女に出会うという絵本です。
物語もいくつかありそうですね。
Posted by nora-taka at 2007年11月08日 14:38
nora-takaさま、ありがとうございます!!!
そんな本があるなんて知りませんでした!
「しつれいですが、魔女さんですか」面白そうですね。来年度買おう!!
Posted by Helenaヘレナ at 2007年11月08日 17:01
わしこです。はじめまして。ときどき、のぞかせていただいているのですが、『バスラの図書館員』のことでのこのこ出てきてしまいました。長田さんの翻訳ですが、一カ所、明らかな誤訳があります。そのため、お話が「?」になってしまっていますが…。
Posted by わしこ at 2007年11月09日 06:16
わしこさま、はじめまして!!
コメントありがとうございます。
「バスラの図書館員」読み返してみました。
司書のアリアさんが当局に本を安全な場所に移してほしいと申し出たところ断られ、毎晩自分の車に運び入れた、という箇所がその後の展開と矛盾するということでしょうか???
スミマセン。読解力不足で・・・。

またのぞいてみてください!!
これからもコメント等いただけると、嬉しいです!!
Posted by Helenaヘレナ at 2007年11月09日 09:17
わしこです。さっそくお返事ありがとうございます。実は、私のブログに『バスラの図書館員』についてのエントリー(2007年6月)があるのですが、ブログのアドレスを書いて送信すると、必ずエラーが起きてしまっています。「わしこの読書日記」で検索して、読んでいただけたらうれしいです(トラックバックにも失敗しました)。また、感想をお聞かせいただければうれしいです。
Posted by わしこ at 2007年11月10日 07:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。