2005年09月05日

司書のお仕事 廊下掲示「雲の名前」

最近、空を眺めることが多い。
きっかけは、「空の名前」(高橋健司 写真・文 角川書店)
という本を買ったことだった。

本と花jpg.JPG

「本書は、空や天候、季節の移ろいに関する日本語を、それをイメージした写真と共に紹介する歳時記風天気図鑑です」(本文引用)
この本の写真があまりに美しかったので、図書室の廊下の掲示に使わせてもらった。


題して「雲の名前」。
秋は空が美しい季節である。空を見上げると面白い雲がたくさん浮かんでいる。
こんな雲見たことある?たまには空を見上げてみようよ!

気象観測では、雲は基本形によって十類に分類されるそうだ。
巻雲という言葉は知らなくても、筆でサッと描いたような薄い雲は秋の初めによく見るし、
巻積雲のうろこ雲も何度か見たことがある。

この掲示を作ってから、雲が気になるようになった。
鬱屈した思いを抱えて、ついうつむいてしまいそうになる時、頭を上げると、
様々に美しい雲が、空いっぱいに広がっている。
暗く固まった気持ちも、孤独も一瞬空に解放される。

デジカメを持ち歩き、
面白い雲、気に入った雲を撮っています。
題して「雲の展覧会」見てください。

雲3.jpg 鳥みたいな雲。アヒルかな?

雲4.jpg これも鳥。飛んでいる鳥。

雲7.jpg これは、羊雲。

雲8jpg.JPG 雲の展覧会

雲9.jpg これが巻雲

雲10jpg.JPG さざなみ みたい。

雲6.JPG 夏の終わりの入道雲

八岳ふしぎ雲.jpg


posted by Helenaヘレナ at 11:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
eektwwkxshejdohz\:ketetj
Posted by u@ue@ukoke@k at 2005年10月26日 14:28
う〜ん、文字化けか、はたまた暗号か・・・・?難しいです。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年10月27日 09:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

雲の美しい季節
Excerpt: 麓は、秋の足音がすぐそこまで聞こえてきています。 今年はもう家の周りの木の葉が黄や赤に変り始めて(ちょっと早すぎると思う)、短すぎた夏を惜しむ間もない感じです。 春は霞がかかっているようで曖昧で優..
Weblog: 八山麓
Tracked: 2005-09-09 02:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。