2005年10月03日

司書のお仕事“国語辞典でアニマシオン 最終回”

“国語辞典でアニマシオン”も今日で三回目、最終回である。
これまで、1回目2回目とクイズ形式で、既製の辞典を比べながら、
「わかりやすい辞典とは、どんな辞典なのか」を勉強してきた。

子ども達から挙げられたわかりやすい辞典の条件は以下の通り。

@くわしく説明されていること。
Aわかりやすい言葉で書かれていること。
B短い文章で簡潔に書かれていること。

さて、今日の三回目は、この条件に合うようなわかりやすい国語辞典を、
自分で作ってみようという試みである。

【1】班に分れ、2回目でやったテーマの中から、好きな言葉を決めて、説明文を書く。
テーマは、【場所】【食べ物】【カタカナ言葉】【動物】の四つ。

【2】班ごとに前に出て、説明文を読む。他の人は何の説明かわかったら、手を挙げて答える。正解したら、答えた班に5ポイント、出題した班に10ポイント。

テーマ【場所】班から、


ゆうえんち.jpg

1、大きい機械がいっぱいある所。
2、おとなも子どもも楽しめる所。
3、かんらん車がある所。
4、機械に乗るときは、金をはらう。
答えは・・・「ゆうえんち」

ちなみに「ゆうえんち」を「三省堂例解小学国語辞典」で調べてみると、
ゆうえんち(遊園地)(名)楽しく遊べるように、遊び道具などがそなえてある所。

テーマ【食べ物】班から、

メロン.jpg

くだもの。日本のどこでも作られるが北海道の物が一番あまくておいしい。
実の中はいろいろあり、オレンジ色や黄緑がある。
夏できる
まわりはあみじょうになっている。
つるがのび花がさき実ができる。
おしりがやわらかくなったら、たべごろ。
答えは・・・「メロン」

「メロン」を「小学館例解学習国語辞典」で調べてみると、
メロン(名)ウリのなかまのくだもの。マクワウリ・プリンスメロンや、あみ目模様のマスクメロンなどがある。

テーマ【カタカナ言葉】から、

スキーjpg.JPG

冬のスポーツ。
あたたかい服をきてやります。
集中してやらないと、こけてしまいます。
白くてふわふわしたある物の上ですべります。
すべる物の種類は(オガサカ、カザマなど)
使うものは「ブーツ、ゴーグル、ストック、手ぶくろ、いたなど」
山の上でやります。
レースもあって、スピードをきそいます。
1人でもできます。くだり坂でやります。
答えは・・・「スキー」

「スキー」を「三省堂例解小学国語辞典」で調べてみると、
スキー(名)@くつに取りつけて、雪の上をすべる細長い板。Aスキー板で雪の上をすべるスポーツ

テーマ【動物】から、

とかげjpg.JPG

岩と岩の間に住む。
しっぽがとれても、またはえる。
長さは、約15センチメートル。
足は速い。サシバの鳥に食べられる。
答えは・・・「トカゲ」

「トカゲ」を「小学館例解学習国語辞典」で調べてみると、
とかげ【蜥蜴】(名)体の細い、は虫類で、四本の足があり尾が長い。敵につかまると尾を切ってにげる。

思ったより、ずっと表現力が確かで、驚いた。
読んでみていただければわかると思うが、既製の辞典よりもずっとわかりやすい。

例えば、「ゆうえんち」では、「機械に乗るとき金をはらう」というところがうまい。
いまどき無料の遊園地などないので、これは必須項目である。

また「メロン」もスゴイ。これを読むと、「北海道のものが一番甘い」ことや、「おしりがやわらかくなったらたべごろ」だということまでわかる。

「スキー」を書いた子はスキーが大好きな女の子で、彼女のスキーに対する並々ならぬ愛情が感じられる説明文になっている。
「あたたかい服をきてやります」「集中してやらないとこけてしまいます」の文章に、インストラクター的要素も感じられる。また「雪」を「白くてふわふわしたもの」と表現しているのもいい。

「トカゲ」も実に簡潔かつ的確な説明文だ。「しっぽがとれてもまたはえてくる」に教養の深さが感じられるし、更に驚いたのは「サシバの鳥に食べら」れる」という1文。
「サシバ」って何?恥ずかしながら知らなかったので、「広辞苑」を引きました。
「さしば」鷲鷹目の鳥。(中略)蛇、昆虫、小鳥などを捕食。
この辞典作りに際して、子ども達は辞典などは一切見ないで、あくまで自分の頭ひとつで考えていた。ということは、「トカゲ」を書いた子は、サシバという鳥と知っていたのだ。

3回に渡って、国語辞典でアニマシオンをしたわけだが、一番心配していた辞典作りが素晴らしい出来で感動。担任の先生に語彙を増やすような授業を、と言われ、四月からその点を意識した授業をしてきたが、確実に語彙は増えている気がする。う〜ん、我が4年生、恐るべし!!



posted by Helenaヘレナ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。