2008年01月29日

[ 「あいうえおっとせい」で、のーぷろぶれむ

雪が降っている。
天気予報が深夜3時頃から降り始める、と言うので、
戦々恐々としていたのに、朝起きたら殆ど積もってなかった。
みんな口を合わせて「なーんだ、良かったね」と言っていたら、
それが気に食わなかったのか、今頃になって降っている。
もくもくもくもく・・・黙々と降っている。
天気予報の分まで、降っている感じがする。
今までさぼってた分を取りもどす勢いで降っている。

しかし、冬ってどうしてこんなに眠いのか。
身体が冬眠したがっているのだろう。

目を覚ますために、言葉あそびしましょう!
ということで、3年生の読書の時間は先週に引き続き
言葉遊びにした。

今日はこれ。

あいうえおっとせい
谷川 俊太郎 白根 美代子
4378002019


たとえば、「あいうえお」の段は、

 あさ
 いすの
 うえで
 えらそうに
 おっとせい

なのだが、
「あ」「い」「う」「え」「お」に続く部分を隠し、
言葉を考えさせる。

「あ」の段から「た」の段までは、みんなでワイワイやりながら
考えて、「な」の段と「ば」の段は紙を配って一人で考えてもらうことにした。

「な」の段は、ねこがキッチンの流し台に載っている絵だ。

ながしのねこ.jpg

ながしに
にんじん
ぬすんだ
ねこが
のってる

「あ〜、なんだ」と思うけれど、いざ自分で考えようとすると
なかなか出てこない。
私が考えたのは、

ながしめで(流し目で)
にらむねこ(睨む猫)
ぬいたにんじん(抜いた人参)
ねがまだついてるけど(根がまだついてるけど)
のーぷろぶれむ(No Ploblem)

今までにも何度か授業でやったことがあるのだが、
シンプルな作品よりも、そこからどんどんイメージが広がる
作品方の方が面白いと思う。

たとえば、こんなの。

なかのよいねこにあげるため(仲の良いネコにあげるため)
にんじんをじぶんのはたけから(人参を自分の畑から)
ぬいて(抜いて)
ねこは(ネコは)
のはらまでいくじゅんびをした(野原まで行く準備をした)

描かれている絵と離れているように思われるかもしれないが、
そうではない。
このネコは自分の畑から抜いてきた人参を
キッチンで洗った直後なのだ。
仲の良いネコにあげるために。
う〜ん、うつくしい!!!
野原で戯れる二匹の姿が目に浮かぶ。

ちなみにこれは担任の先生の作品。

なにたべよう(何食べよう)
にんじんは(人参は)
ぬめぬめして気持ち悪い
ねっころがって(寝ころがって)
のんじゃおう(呑んじゃおう)

う〜ん、ここまで来るとちょっと怖い!

そうはいっても、「なにぬねの」はなかなか難しかったようで、
意味不明の作品もたくさん出た。

たとえば

なっとうと
にんじんをあわせて
ぬるぬるした
ねこが
のっている

「ばびぶべぼ」の方がまだ作りやすかったようだ。

ばかでびじんなjpg.JPG

ばかで
びじんな
ぶた
べそかいて
ぼんやり

私が考えたのは、

ばーみやんで(バーミヤンで)
びーるたのんだ(ビール頼んだ)
ぶたが
べろかんで(舌かんで)
ぼろぼろないている

しかし「ばびぶべぼ」は、なぜか下品に陥りやすい。
「ばばあ」とか「びんぼう」とか「ぼったくる」
といった言葉が出やすいからだろうか?
面白かったのは「ばびーんとびっくりしたぶた」とか、
「びりびりはんかちをやぶいて」とかいう言葉が入っている作品。

ちなみにさっきの先生だが、

ばなながすきな(バナナがすきな)
びじんな(美人な)
ぶたが
べらんだにすわって(ベランダに座って)
ぼんかれーをたべている(ボンカレーを食べている)

お見事!
この涙はカレーが辛すぎたせいか!

まあ、結果はともかく、この授業大ウケ!でした。

言葉遊びすると、心が軽くなりますね!







  

 

posted by Helenaヘレナ at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。