2008年02月13日

春を待つ本

この本の挿絵を最初に見たのは、片山健さんの原画展だった。

気に入って、すぐに図書室に置きたいと思ったが、
まだ本になっていなかった。
福音館書店の雑誌「こどものとも」に掲載されたものだったのだ。
今年の春、展示会で「こどものとも傑作集」として出版されたのを
知り、大喜びで購入した。

4834022390もりのてがみ (こどものとも傑作集)
片山 令子 片山 健
福音館書店 2006-11-01

by G-Tools


もみの木を飾る色とりどりの手紙。
この表紙を見て、最初はクリスマスの本かな?と思ったのだが、
そうではなかった。

寒い冬、外で遊べないひろこさんは友だちに手紙を書く。
りすに、とかげに、野うさぎに、ことり・・・、
手紙を受け取るのは、みんな人間ではない。
書いては、森の大きなもみのきにさげにいく。

この本を読みながら幼い頃の娘を思い出した。
娘も、気がつくと一人で黙々と絵を書いている子だった。
保育園に行く前は、母娘ともまだ友だちもいなかったから、
森の中の家で二人、けっこう孤独に暮らしていた。
娘がふと「〇〇ちゃん元気かなあ」と呟く〇〇ちゃんは、
近所に住む犬だったり、散歩途中に会うノラネコだったり、
目の端をかすめるリスだったり、サラサラ葉を鳴らす落葉松だったり、
林を吹き抜ける風だったりした。

八ヶ岳が真っ白に凍てつき、風がヒューヒュー泣いている今日、
窓際の棚の上に、この本を飾った。


posted by Helenaヘレナ at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
森の中で暮らすってステキなことだと、ここはたいした森ではないけれど、こんなところですらそう思うのだから、そちらはもっとステキなはず!
昨年12月に東京の本屋さんで見て、近くの図書館でリクエストした本を、いまころ受け取りました。『世界のキノコ切手』飯沢耕太朗著プチブラパブリッシング発行。もう入れていますか?
昨年の秋にすっかり紫シメジに夢中になって、たくさん収穫して食べたせいか、こんな本に感動しています。紫シメジの切手が日本にはなくて、世界の思いもよらぬ国で切手になっているところなんか、ついついきゃあきゃあ言ってしまうわ。確か切手マニアだったはずだからもしかしたら既にお持ちかもしれませんが。
子供達にみせたいなあ〜と久しぶりに思った本なので、こちらからお知らせします。
氷の世界・・転ばないように!!
Posted by モーリー at 2008年02月13日 17:38
「世界のキノコ切手」、早速検索してみました。
綺麗な本ですね。中も見てみたい!
キノコは、保護者でスウェーデンの方が好きで、
以前キノコに関する特集を図書だよりでしたことがあります。切手は娘がコレクター。
今年度の予算、まだちょっと残っているので、
買いたい、と思っています。
まだ今年は転んでいませんが、危機一髪ということはしばしば・・・。
モーリーも、おしり、お大事に・・・。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年02月14日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。