2005年10月24日

司書のお仕事“「なぞなぞあそびうた」に挑戦!”

“国語辞典でアニマシオン”で、見事な表現力を発揮してくれた4年生。
国語辞典の次は、百科事典を作ろうか、と思っていたが、
あまりハードなことを続けても、と思い、
今回は、“表現力を更に身につける”点に留意しつつ、楽しく遊べる授業にした。

「なぞなぞあそびうた」(角野栄子 さく スズキコージ え のら書店)という本がある。

なぞなぞあそびうた問い.jpg

こんな風に詩がなぞなぞになっているとっても楽しい本だ。
右の答えは何かわかるかな?自分のものなのに見えないものってけっこうあるんだよね。

なぞなぞあそびうた答え.jpg

はい、答えは「せなか」です。自分の背中って見ようとしても見れない謎の領域です。
私は、何十年も、背中にある大きい黒子の存在を知りませんでした。自分のことなのにね。

左の答えは「かみなり」。
これは最初に答えを教えて、シールでかくした言葉を想像させた。
「ゴロゴロゴロ そらのうえで・・・・・じゃないよ」
ゴロゴロゴロといえば・・・、「ころがってる」が正解。
もちろん他の言葉でもOK。「お腹すいてる」「ボーリング」「なまけてる」などが出ました。
「ぴかぴかぴか」の方は「みがいてる」が正解。「そうじしてる」や「蛍光灯が切れてる」など。
では最後の「・・・よういしてるのさ」は?そう「おちる」です。

このように、答えを当てさせるなぞなぞを7問。
答えを先に教えて、言葉を当てさせるなぞなぞを9問。

ナゾナゾ窓jpg.JPG

言葉を当てさせるなぞなぞの最後は、これ。答えは「窓」
「さむいと」「よるにも」「るすにも」のところを隠し、言葉を考えさせた。
「しまる」で終わるのもつまらないので・・・。

「ひらく」で終わることにした。

ナゾナゾ開くjpg.JPG

せっかくなので、これで一人ずつナゾナゾを作ってもらった。
「窓」以外の答えを自分で考えて、それが「ひらく」時を書かせる。
昔「夢は夜ひらく」という歌があったが、子供たちが考える「ひらく」ものとは・・・?

「食べる時 ひらく あくびをした時 ひらく わらった時 ひらく」
さあ、何でしょう?答えは・・・「口」
何人か同じ「口」を答えにした子がいたが、口をひらくときはみんな違っていた。

「ぬぐ時 ひらく 小さな音がして ひらく あつい時 ひらく」
さて何だ?答えは・・・「洋服のファスナー」

「うれしい時 ひらく やさしい時 ひらく やさしくされた時 ひらく」
これは?答えは・・・「心」だそうです。いいね。

ヘレナ先生も最後に出しました。
「ヒマな時ひらく 寂しい時ひらく 夜寝る前にひらく 秋になるとひらく」
答えは、もうわかりましたね・・・。



 





posted by Helenaヘレナ at 12:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!めったにコメントなんて書かないのですが、ヘレナさんの図書館があんまり素敵だったので、思わず書き込んでしまいました。私は中学校の司書です。もしヘレナさんの学校が近くならお邪魔したいぐらいです。これからも時々お邪魔しますね。どうぞよろしく!
Posted by 村上@東京 at 2005年10月25日 20:56
村上@東京さま、ようこそお越しくださいました。そう言っていただけると嬉しいです。この学校に赴任する前の研修期間中、中学校にも週に1度行っていました。最初は中学志望だったので。家から一番近い小学校に決まりましたけれど。
でも小学校も楽しい!です。子供がワケがわからなくて、エイリアンのようですが、そこがまた面白い。私も村上@東京さまの中学の図書室へ行ってみたいです!これからもよろしくお願いします。
Posted by Helenaヘレナ at 2005年10月26日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。