2008年02月27日

泣いた―二分の一成人式

今日は、今年度最後の授業参観。
私も図書室を抜け出して、娘の授業を見に行った。
4年生は、二分の一成人式。

会場の音楽室は綺麗に飾り付けられ、子ども達が
ひな壇に並んでいた。
スピーチあり、合奏あり、呼びかけあり、合唱に記念撮影
と盛りだくさん。

一人ずつのスピーチはテーマが三つあり、
「将来の夢」「家族のこと」「今夢中になっていること」
の中から、自分の一番言いたいことを選ぶようになっている。

図書室で毎日のように見ている面々だけれど、
今日はちょっと違って見える。
ああ、この子はこんな夢があるんだ。
こんなことを今一生懸命しているんだ。
本当に家族のことを大切に思っているんだな。
あらためて、成長ぶりに驚いた。
どの子もスピーチが上手で、びっくり!した。

我が娘は、「家族のこと」をテーマに選んでいた。
ひとりっこのせいか、学校で見せるしっかり者の顔と違って、
家ではまだまだ甘えん坊である。
でも、親のことをいつも思いやって、
本当に大事に思ってくれているのが、痛いほどよくわかる。
「これからも迷惑かけるかもしれないけど・・」
というところでは、いえいえ迷惑かけているのは母の方です。
と心の中でつぶやき、不覚にも涙しそうになった。

綺麗に作ったお手紙カードをもらった。
嬉しかった。


子ども達のスピーチを聞いていて、
「お父さん、お母さんありがとうございます」とか、
「家族のおかげだと思います」といった言葉が胸に響いた。

「感謝する本」という記事で、「子供は感謝しない」と
書いたけれど、それは私の思い違いだった。

子供は感謝している。
でも、いつもは照れくさくて言えないだけなのだ。


それと、もうひとつ嬉しかったこと。
学年懇談会の後、同じ学年の男の子のお母さんから、
お礼を言われた。

今月の図書室だより「飛行船ギャラリー」に、1年生の妹さんの絵を
載せたのだが、そのことをとても喜んでくださっていた。
「〇〇が大喜びしてました」と言ってくださった。
図書室の先生といっても、保護者から見るとどんな風に見えるんだろう?
子ども達にとっても、影が薄い存在ではないだろうか?
と思うこともしばしばだったが・・・
この仕事をやっていて良かった、としみじみ思ったのだった。






posted by Helenaヘレナ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87384646

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。