2005年11月01日

司書のお仕事“なぞなぞあそびうた”に挑戦2回目

先週に引き続き、4年生に「なぞなぞあそびうた」(のら書店)を教材に授業した。
第1回目の終わりに、「ひらく」で、なぞなぞづくりに挑戦してもらったが、今回は、
4つのパターンに挑戦、なぞなぞの出しあいっこをさせた。

あるjpg.JPG

@「〜ある」のパターン。右の例題の答えは「えんぴつ」
子供が作ったなぞなぞは左。
「ぬられることもある きられることもある
 みがかれることもある つけられることもある
 色がかわることもある」

難しいでしょう?私も最初わからなかった。でも「オシャレに関係することです」というヒントでピンときました。答えは「つめ」
出題者は勉強が良くできて、ちょっと大人びた感じの女の子。
わかったとき嬉しかったなあ。思わず我を忘れて「ハイ!」って手を挙げちゃった。

ごそうだんくださいjpg.JPG

A「ごそうだんください」のパターン。例題の答えは「地図」
子供が作ったなぞなぞは、
「時間がわからないとき ごそうだんください
 朝おきれないとき ごそうだんください
 まちあわせのときは ごそうだんください」

これは「時計」ですね。上手だなあ。

いくところ.jpg

B「いくところ」のパターン。例題の答えは「トイレ」
これは、答えが 場所 と限定されるので一番作りやすいのではないかと思ったんだけど。
左右の子供が作ったなぞなぞの答えは二つとも「学校」
右の子は「ごはんを食べたら いくところ  いそがしくても いくところ  
おとなは車で いくところ」

左の子は「べんきょうするとき いくところ  みんなとあいたいとき いくところ  
あたまがよくなりたいとき いくところ」

それぞれ、学校への思いが違っていて面白い。

なぞなぞフリー.jpg

C最後はフリーパターン。自由になぞなぞを作ってみよう、というもの。
これはやっぱりけっこう難しかったみたいで、出来なかった子もたくさんいました。
「国語でも 使う  算数でも 使う
  国語でだんだん 習う 学年ごとに むずかしくなる」

わかりますか?コレ。答えは「漢字」
思わずうなってしまいました。うまい!リズムもいいし、先週やったことが生きている。

全部で4パターン、30分で書いて残り15分で発表。全部作った子もいたし、
二つという子もいたけれど、みんなセンスは抜群でした!!満足!
posted by Helenaヘレナ at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 アニマシオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ノラ書店の本は新しく出ていますか?児童書を買うことも見ることもなくなって、新しくでた良い本に感動できないのはちょっと寂しいです。言葉遊びは国語力アップに繋がって、カリキュラム通りの国語の授業では不足している部分を楽しく補えるはず。
言葉遊びに限らず、自ら新しいものを創り出せる司書がいるところは子供も幸せです。創り出すことができない今の義務教育の現状に光ですね。認められない職ですが、このブログを読まれている方は必ずこの職の意義を感じているはず。
できればそういう方達が動いて教育を変える原動力になってくれるといいのに・・・
他力本願はよくないけれど・・ついそう思ってしまいます。
創り出すことを楽しめることは幸せなので、ヘレナさんもきっと頑張って続けているのでしょう。
応援しています!!
Posted by ミーシャ at 2005年11月07日 10:37
ミーシャさま、温かいコメントありがとうございます!最近は、ブログを通して、ミーシャさまをはじめ、理解してくださる人が増えて嬉しく思っています。ノラ書店は、「にせにニセことわざ図鑑」など、面白い本がまた出てきていますよ。
以前、ミーシャさんからアイデアをいただいた「観葉植物図鑑つくり」を今日から始めました。
いつまでこの仕事が出来るのか、さっぱりわからないし、展望はきわめて暗い気もしますが、ここにいる間は、楽しんでやろうと思っています。
また、よろしく!!
Posted by Helenaヘレナ at 2005年11月07日 12:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。