2008年03月26日

最後の図書室

異動になった。
知らされたのは、24日の夕方。
校長先生から「異動になっちゃったよ」と言われた時は、
「また、先生ったら冗談ばっかり」と笑い飛ばしていた。
冗談じゃないとわかって、ショックでどうしたらいいか
わからなくなってしまった。

25日の離任式は、泣きに泣いた。
見ていた娘はさぞかし恥ずかしかったことだろう。

この図書室の最後の司書になるのが私の夢だった。
それが叶わないとわかった時、
悲しいと、を通り越して、痛かった。
母親からムリヤリ引き離された子供のような気持ちだった。


新しい学校は今の倍くらいの規模。
町内では唯一の大規模校?????だ。
次に行く場所があるのだから、幸せだと思おうと努力している
のだけど、まだ、心の半分くらい寂しさが占めている。


新しい図書室からまたブログを発信したいと思っていますが、
いつになるか、わかりません。
その時はまたよろしくお願いします。




posted by Helenaヘレナ at 17:29| Comment(20) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の学校でのお仕事。ご卒業ですね。
おつかれさまでした。愛していた場所から離れることのつらさ、よくわかります。
新しい場所を自分の場所と考えられるようになるまでは大変でしょうけど、ヘレナさんだったらそれも力に変えていかれると思います。
お体に気をつけがんばってくださいね。新しい出会いがあることでしょう。
落ち着いたら、お会いしたいものです。
Posted by みんと at 2008年03月26日 19:14
あちゃー、お気持ちよくわかります。私も離任式の前日に、電話で異動を知りました。
心の整理が出来ないんですよね。
異動は必要だとは思いますが、正規職員並みに早く教えてほしいと痛感しました。
たとえ口に出していえなくても、子どもたちや校舎に心の中でお別れを言う期間が必要だと感じました。
人数が増えると大変ですが、面白さも倍増です。
ぜひ、前向きに  (^o^)\(^^ )
ブログを楽しみにしています。
Posted by ぽれぽれ at 2008年03月26日 21:17
確かに規模は倍。
楽しみも倍で、お給料も倍なら問題ないけれど・・そうはいかないからねえ。
学ぶことは倍あるのかな?
嬉しいことも倍かしら?
悔しいことも倍だったりして・・
仕事の量は、当分は今まで通りにはいかないけれど、そのうち収まるところへ収まるから、大丈夫!
問題は気持ちだけね。
永遠になくならない場所へ就任したのだから、それをよしとするしかないかしら?
合併しても残るからねえ・・・
この市の中心になるかもしれないし。
やっぱり仕事ができるから、回されたのだから、やるっきゃあない!
我が家には近くなるね(笑)
負けないで〜〜!!
Posted by ミーシャ at 2008年03月26日 22:25
ミーシャさま、ぽれぽれさま、みんとさま、温かな励ましのお言葉ありがとうございます。嬉しいです!!
仕事に異動はつきもの。いちいち文句を言ったら、二校三校掛け持ちの方に申し訳ない!わかっているのですが。散々耳元で統合を囁かれ、それなら愛する図書室で最期を迎えたいと思っていた矢先・・ショックでしたよ〜。
でもその図書室に「もう充分甘えたでしょ。そろそろ一人立ちしなさい!」と背中を叩かれたような気がするので、臆病な私も頑張ってみようと思います。人生修行も兼ねて。散々泣いたからスッキリしたし!!あんな泣いたの何年ぶり?
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月26日 23:17
突然の異動勧告ですか・・・
ショックよくわかります。
子ども達も同じようにショックだったでしょう。
以前、このblogで図書館の窓外に見える八ヶ岳(でしたよね)の素晴らしさに圧倒されたことを憶えています。
このblogファンとして、あの景色とお別れかと思うと、私も寂しいです。
気持ちの切り替えには時間がかかるでしょうが、新しい学校で、新しい出会いをして、落ち着いたらまたblog発信してください。
楽しみに待っています。
Posted by nora-taka at 2008年03月26日 23:40
春休みを迎えてようやく落ち着いて遊びに来たらこの記事で吃驚しました。突然の異動はつらいですね。私は4/4まで次年度の勤務校も勤務校数もわかりません。今年度勤務していた学校は勤務年数が5年半と4年なのでおそらく両校とも変わるのではないかと覚悟はしています。と言いながら、はっきり決まらないと片づけもやる気が出ず、新しい人が入るとしたらもう一度片付け直しに行く必要ありです。
来年度(もうすぐそこですが)新しい学校での活躍をまたこのブログで見られることを楽しみにしています。
Posted by 紫陽花 at 2008年03月27日 09:25
愛着のある所から離れる。痛みも大きいですよね。たぶん今回はステップアップ、新しい所で新しい仕事を作るのも、自分にとってのステップアップです。ヘレナさんならきっとできます。
先週、郡山の女将とおもいっきりおしゃべりしてきました。彼女も女将を継いで早10年、乗り切ることも多かったはずですが、頑張って、かっこよくなってました。
そういうワタシも4月から異動です。
落ち着いたらお会いしたいことですね。(いつもそう言うばっかりだけど)
Posted by iza at 2008年03月27日 12:23
異動というのがやはりつきものなのですね。
ほのぼのとした家庭的な雰囲気の図書室、おそらく学校もそうだったのだろうな、と思う素敵な場所に感じました。
愛着ある場所から離れるのは寂しい事ですが、新しい図書室でも、あの暖かい雰囲気や季節ごとの楽しい企画など、ヘレナさん流で作り上げていかれると思います。
さまざまな新しい出会いがありますこと、お祈りしております。
Posted by kmy at 2008年03月27日 13:14
nora-takaさま、温かいお言葉ありがとうございます!今日新しい赴任先へ行ってきました。同じ町内なのに、学校の雰囲気も方針も先生方の考え方もそして子供達も随分違うようです。学校の中での司書の立場にも難しいものがあるようで、頭を抱えて帰ってきました。窓から八ヶ岳は見えず、でも心の眼にいつも映っているから、自分を励ましつつ・・。 なんとか明るい光が見えることを願って、頑張ります!
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月27日 15:58
紫陽花さま、せっかく来ていただいたのに、情けない記事しか出すことができず、ごめんなさい。優しい励ましのお言葉ありがとうございます。4月4日までわからないなんて、つらいですね。私も昨年までは三月末まで何のの連絡もなく、やきもきしたものですが。離任式に間に合って、子供達にお別れが言えただけ幸せでした。でも次の学校は難しい問題をたくさん抱えているようで・・・。明るく考えたいと思うのですが、不安が拭えません。早く次のご報告ができるよう頑張りたいと思います。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月27日 16:15
離任式の前日に、異動を知らされるなんて、さぞやショックだったことでしょう。
学校司書といっても、それぞれ身分や立場が違うとは思いますが、どこでもいきなり異動を勧告されるのですね。

それにしても、小規模校から大規模校へ移るのですから、やはり栄転ですよ!
アイディアマンのヘレナさんのことだから、新しい学校でも子どもたちを魅了することでしょう。
お体に気をつけて、ゆっくり新しい図書館に慣れてください。
Posted by 森クマ at 2008年03月27日 20:53
izaさま、懐かしい先輩の有り難いお言葉胸に響きます。先日I部長が観光がてら立ち寄ってくださいました。懐かしい方々のお話たくさん聞きましたよ〜。女将もきっと一段と素敵な女性になられたことでしょう!お会いしたいわ!!iza姉さんもまた新境地を切り開いてください。今年こそ、お会いしませう!
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月27日 22:35
kmyさま、ありがとうございます!!!
本当に今振り返ってみると、自分はなんと恵まれていたことか!優しい子供達、寛大な先生、保護者に囲まれ、自分のやりたいことをやりたいようにやってきました。まさにパラダイス!極楽ライブラリアン!このブログのタイトルが変わるかどうかは私の努力七割り、運三割りというところでしょうか?変わらないことを祈ってー。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月27日 22:48
森クマさま、そう言ってくださると救われます!でも今思うといきなりで良かったのかもしれません。メソメソ情けない私のことですから、早く知らされたらきっと子供達に悟られていたことでしょう。栄転とはとても思えない内情ですが・・・よし!やってやる!と思った次の瞬間にはぐったり萎えている、そんな繰り返しなので、やっぱり森クマさんの言ってくれたようにのんびりスタートします。
Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月27日 22:58
 こんにちは
もう、なるようにしかならない、ですよね。
私は4月からの予定では、受け持ちは4校です。
うち、3校は子どもの関係で出入りした事があり、
残り1校はたまたま先日図書担当の先生と顔見知りになったので、
何となく心強い…ような気がします(笑)。
 でも、行ってみないと分らないし、とにかく勉強しなきゃね、っと、
市立図書館で借りた本を延滞しつつ読みふけっております(爆)。
また、いろいろ参考にさせて下さいね!
Posted by なお at 2008年03月29日 08:18
 もどきが取れて1年半になります。トップの交代で突然解雇になってショックで3年ほど図書館に行けませんでしたが、その間小学校の改装やボランティア活動をしていました。(百科事典や図鑑など揃える際にはヘレナさんに教えていただきました。おかげさまで立派な図書室になりました。)やっと自分の中で整理がついてきた頃またトップの交替で頼まれての雇用でした。悩みましたが司書の仕事が好きなんですね。自分でも不思議なくらい妙な自信とハッタリ(‥?)で毎日楽しんでいます。相変わらずヘレナさんのブログはかかさず拝見して参考にしていますが。司書講習の最後に『図書館司書は常にアンテナを張っておくように』と言われました。私のような田舎の司書でも全国の司書先輩方とつながっていられるんだなと思っています。司書の仕事は素敵な仕事です。誇りと夢を持って頑張っていきます。私の場合、いつ解雇になるかわかりませんが‥
『図書館は常に進化する有機体である。』(ランガナータン)だそうです。私は、毎日少しずつ良くなっていけばいいのだと解釈しています。無理は体に良くないのでぼちぼち、でもしっかり頑張っていきましょう。遠い田舎から応援しています。
‥いつになってもいいですからやっぱりヘレナさんのブログ楽しみにしています。
Posted by 田舎の司書もどき at 2008年03月30日 01:40
なおさま、ありがとうございます!!!
4校兼任!4月から、またまた忙しい日々に
なりそうですね。
明るく前向きななおさまの姿勢、
今の私が最も見習わなければならない、と
思いました。
私もなおさまに負けないように頑張らなくちゃ!
また、うだうだ言っていたら、はっぱをかけてください。
これからもよろしくお願いします!!!

Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月30日 10:27
田舎の司書もどきさま(・・でいいのかな?)、
ありがとうございます!!!
図書室をボランティアさんや学校の先生方でよくしていこう、と活動されていたこと、
百科事典や図鑑の選書を熱心にされていたことも
よく覚えています。
でも、そういった事情があったなんて、ちっとも知りませんでした。
図書館に戻られて良かったな、と思うと同時に、これほどの情熱をもった素晴らしい司書の方が
なぜ、不安定な雇用のもとに置かれなくてはならないのか、と憤然といたしました!
私も司書をやってみて、本当に素晴らしい職業だなあ、とあらためて思いました。
そして、全国にこんなに素敵な司書の方がたくさんいて、本当に良かったと思うのです。
また、ご報告できる日が来ることを、願いつつ、
これからもよろしくお願いします!!!

Posted by Helenaヘレナ at 2008年03月30日 10:42
転勤になられたのですね。心情お察しします。
でも きっとまた大規模校でのご活躍期待しておりますよ。
ブログもたのしみにしています(^^)

ところで私事ですが 昨年 司書として勤務した中学校へ
家庭科の非常勤として入ることになりました。
これもちょっと 複雑ですが 頑張るしかありません(^^ゞ
また 寄らせてもらいます。
Posted by ネコちゃん at 2008年04月02日 19:03
ネコちゃんさま、励ましのお言葉ありがとうございます!実は早くもくじけそうです。今度の図書室はとにかく寒くて。今日の室内温度はなんと3度!!湿気も多くて、冬は床も本もびしょびしょだそうです。ネコちゃんさま、今度は家庭科の先生ですか?多才ですね♪その前向きで何事にも積極的な姿勢を、今こそ見習わなくては!
Posted by Helenaヘレナ at 2008年04月02日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。