2005年11月18日

“ナゾの三人 名前決定!?”

図書集会で「すてきな三にんぐみ「(トミーアンゲラーさく)」の読み聞かせをやった後、
「三人の名前を考えてください」という募集をした。
「すてきな三にんぐみ」というグループ名はあるが、ひとりひとりの名前はなかったので、“すてきな”名前をつけてあげよう、と思ったのだ。
用紙を配り、図書室のポストに入れてくれるようによびかけた。

集会ポスト.jpg

低学年で半分集まればいいかな、と思っていたら、ほぼ全校生徒の応募があった。
昨日その中から、面白いものに賞をあげた。
図書委員さんが選んだのが、「図書委員長大賞」をはじめ、10作品。
特賞の「チャップリン・パンプキン・ルパン五世」
銅賞の「ジェネー・クリッグ・エンドルゴット」
世界三大珍味大賞の「キャビア・トリュフ・フォアグラ」
発音しにくいで賞の「すてき・な三に・んぐみ」が、面白いと思った。
ちなみに特別賞の「アン・ポン・タン」は、五年生の先生の作品。

私が選んだのが、21作品11賞。「すてき賞」は11作品選んだ。佳作のようなもの。
図書集会賞は「ばく・びく・くり」一年生の作品。
漢字大賞「悟空・悟飯・悟天」
ゴールデン大賞「ミーク・ミール・ミーツ」
シルバー大賞「ローズ・ラッキー・ディズ」
ブロンズ大賞「グロリア・メルマン・マーティ」
だじゃれ賞1「ブラックジャック・プラックシャーク・ブラックジョーク」
だじゃれ賞2「くろかげ・くろひげ・くろこげ」
しぶいで賞「黒一郎・黒次郎・黒三郎(こくいちろう、と読む)」
すてき賞「ホップ・ステップ・ジャンプ」などなど。
でも一番面白かったのは、2年生のこの作品、「グリル兄弟・アーノルドローベル・グリル兄弟」
グリムではなくて「グリル」というところがまたいい!

昼の放送の時に図書委員さんが発表したのだが、ひとつ読み上げるたびに、
低学年の教室からの歓声が、放送室まで聞こえてきた。

三人組ネーミング.jpg


posted by Helenaヘレナ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
集会が終わってそれでおしまいでなく、そこからさらに広げていく。すごいです。ホントにすごい企画力。すてきな三人組に名前がなかったということ、恥ずかしながら今初めて気づきました。
Posted by nora-taka at 2005年11月19日 17:36
ありがとうございます。そう言っていただけると本当に嬉しいです。名前を考えるのは、けっこう楽しいようで、高学年の子ども達もノリが良かったです。子どもの発想って面白いですよね!
Posted by Helenaヘレナ at 2005年11月21日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。