2008年12月20日

歓迎します!

今年一番おすすめのクリスマスの本はこれ。

クリスマスのおきゃくさま
Diana Hendry John Lawrence 藤井 美樹子
4198601909


画像がないのが残念ですが、表紙は、通りに面した素敵な家の絵で
飾られています。
クリスマスイブの晩に、思いがけないお客様が次々その家を訪れる。
でも、このお宅のお母さんは、嫌な顔ひとつせず、お客様を迎え入れる。
いくら、広い外国の家でも、ベットはもういっぱい。
そうすると、バスタブに毛布をひい寝床にしたり、赤ちゃんは
流しに布団を敷き詰めて寝かせたり、挙句の果ては・・・。

私は、お客様を迎えるのが苦手だった。
(今もあまり得意とは言えないけれど)
だから、この本を読んだ時はビックリ!!
日本の昔話にも、一夜の宿を借りたり、貸したりする話がよく
出てくるが、こんな風に、家を開放し、他人に場所を提供するという
のは、やはり外国ならでは、という感じがした。
というか、これがクリスマススピリッツというものらしい・・・。

どちらかというと、オープンではなく、クローズドな私だけど、
図書室で働くようになってからは、少し変わってきた気がする。
仕事とはいえ、様々な性格の子ども達をわけへだてなく迎えるには、
「歓迎します!」の気持ちがないと、できなかったからだ。


実は先頃ちょっとショックなことがあった。
娘の学校では、以前から授業参観の後の学年懇談会の間、
親と一緒に帰る子ども達が図書室で待っていたのだが、
それができなくなった。
その時は、娘も風邪気味だったので、待たせてもらおうと思ったら、
結局、待つ場所がなくずっと外にいた。
暗くなってもまだ終わらなかったので、慌てて、ムリヤリ中に入れてもらったのだが。

娘の学校、つまり前任校の司書をやっているのは、親しくしている友人。
事情も彼女から直接聞いた。
図書室は待合室ではないし、集団下校なのだからそれに従って、
子どもは先に帰るのが正しい、と私も思う。
私だって、今の学校で、バス待ちの子どもや懇談会で親を待つ子ども達が、図書室に来て騒いだりすると、
「ここは、待合室じゃないのよ。本を読まないなら出て行きなさい」
と言いたくなる。
が、私は邪道だから、それも図書室、あれも図書室、これも図書室、
で、いいんじゃないかな、と思ってそのままにしている。
(もちろん、騒ぐ子に注意くらいするけど)

その友人のことを、司書として信頼する気持ちは今も変わらない。
きちんと自分の考えをもって図書室運営にあたっている人だから、
今回のことは保護者である私にとって都合が悪かっただけ、と思う。
ただ、私とはやり方が違うんだな、と、人が変われば変わるんだな、としみじみ思った。


この仕事はとても楽しい。
その楽しさの中には、空間を自分の思うままに飾ったり、
好きな本を集めたりする楽しさも含まれている。
でも、その楽しさに夢中になるあまり、子どものための場所だ
ということを、私も時折忘れてしまいそうになる。


今週は冬休み前の貸しだしで、学年ごとに全員で図書室に来た。
30人以上の子ども達が全員、座る場所もない学年もあった。
でも、とっても賑わっていて、暖かかった。

狭くても施設がボロくても、「歓迎します!」の気持ちが
あれば、そこは素敵に居心地のいい場所になるのかもしれないなあ。



posted by Helenaヘレナ at 17:20| Comment(13) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

オススメの本!クリスマスツリーカード

今年最後の委員会活動は、
図書委員さんおすすめのクリスマスの本を書いた、
ツリーカードづくり。

tsuri-ka-do.jpg

作ったカードは、こんな風に廊下側の窓に貼った。

kirie.jpg

サンタも一緒に踊っています。

P1030125.JPG

kurisumasumadokazari.jpg

メリークリスマス!

tonakai.jpg

メリークリスマス!

sanntaだよ〜.jpg
posted by Helenaヘレナ at 20:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お引越し記念クイズ第2弾!人気者クイズ

今週の月曜日から、「お引越し記念クイズ第2弾」をスタートした。
子ども達の人気者『かいけつゾロリ』『ねこのダヤン』『こびとづかん』の三つのクイズに、第1弾で好評だった「葉っぱの名前あてクイズ」の豪華4本立て。
正解者への賞品は、ゾロリの本についていたふろくや、ダヤンのカレンダーについていたポストカードなど。
クイズやゲームが好きな子ども達で図書室は大賑わい!

一番正解者が多かったのは、『かいけつゾロリ』のクイズ。
けっこう難しい問題を作ったつもりだったのに、
子ども達は本当によく知っている。
「イシシとノシシがゾロリと初めて出会った場所は?」
という問題も、何も見ないで「おでんや」と答えが出る。

『ダヤン』の方は実を言うと、それほど人気があるわけではなかったのだけど、これを機会に人気が出るといいなあ、と思い出題した。
そのねらいが当たって、『ダヤン』の本がどこにあるかも知らなかった
子ども達がどんどん借りていった。

そして、購入以来大ヒット中の『こびとづかん』『みんなのこびと』
のクイズは、AかBのどちらかを選んで答えるようにした。

どちらも難しかったと思うけど、Aの

『こびとづかん』『みんなのこびと』に出てくるこびとの名前を全部いいなさい。本やメモを見てはいけません。

は相当難易度が高く、全部覚えていたのは2年生の男の子一人しかいなかった。
う〜ん、恐るべし!まさに「こびとマニア」!!!

今度の学校の子ども達は、クイズが大好き。
四つのクイズすべてにチャレンジする子がたくさんいた。
でも、数が限られているから、賞品は二つ分しか出せないよ、
と言うと、
「それでもいいや。クイズやりた〜い」とはしゃいでいた。

こんなに喜んでもらえるなら、またドシドシやるからね!!

ohikkoshikuizu.jpg


posted by Helenaヘレナ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

雨の日

新しい図書室がオープンして一週間。
なかなか子ども達の足が向かないなあ、と思っていたら、
今日の昼休み、突然キターッ!
「先生、床に座ってもいいですか?」と聞いてきた女の子。
(床はカーペット敷きなので、OK!)
座る場所がなくて、貸しだファイルと本をかかえたまま、立ち尽くす男の子。
(「ミッケ」をやっていた男の子達に頼んで、机のスペースを少し空けてもらった)
とにかくものすごい賑わい!
これはやっぱり、ありがたい雨のおかげでしょうか!

そんな中、このところずっと通ってくる6年生の女の子。
きっかけは、一昨日。
手に取った『給食番長』が面白かったみたいで、ちょっとお話会風に声に出して読んでみると、いつのまにか、1・2年生が聞き入っていた。
いや、本当にうまい!
声に張りがあるし、番長と給食のおばちゃんの声色を使い分ける辺り、
とても素人(?)とは思えない。
いつも一緒に来ている図書委員の友だちが、
「先生、〇ちゃんの読み聞かせ会を開いちゃダメですか?」
と言い出した。
「私、ポスター書きます!」
いいよ〜、大歓迎!!
子ども達の方でこんな風に図書室を盛り上げてくれるのが理想なのだ。
おうちで練習しておいで、と本を渡したら、一日借りて返してきたので、本番までいいよ、と言うと、
「あっ、でもあんまり練習しすぎると、自分が飽きちゃうんで」
う〜ん、そうだよね!まさにプロ!!

そういうわけで、彼女のデビューは来週金曜になった。

明るくて、美人で本を読むのも上手くて、恵まれている子だなあ、
ああいう子もいるのね、と思っていた。
今日夕方、偶然担任と話す機会があったので、そのことを言うと、
いい機会を与えてくださってありがとうございました。
と逆にお礼を言われた。
聞くと、ちょっと複雑な環境の子らしい。
以前はずいぶん屈折していたようだ。
そういわれてみれば、4月の時とは印象が全然違う。

ふ〜ん、そうかあ。
最近しみじみ思うけど、子どもって必ず光るものを持っている。
それが、何かのきっかけで光り出すと、ものすごい力を発揮するのだ。
なんにせよ、才能に恵まれた子だなあ。来週が楽しみ!

給食番長 (cub label)
よしなが こうたく
4860951921


posted by Helenaヘレナ at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

いえ

引越しが終わり、いよいよ今週から新しい図書室がオープン!
という時に、娘が風邪をひいてしまった。
インフルエンザではなかったものの、熱がなかなか下がらない。
そういうわけで、今週は2日しか学校に行かなかった。

半分程の広さになってしまったので、混雑が心配されたが、
今日の様子を見る限り、ちょうどいい具合だった。
利用者数が減ったのかも、と心配にはなるが、
軌道に乗れば、また増えてくるだろう。

1〜3年までは、授業で新しい図書室のオリエンをやった。
1年生と3年生はなんとか全員座れたが、36人の2年生は、
前半と後半に分けて、来てもらった。

説明の前に、まず絵本を1さつ読んだ。

のうさぎのおはなしえほん〈1〉いえ (のうさぎのおはなしえほん (1))
片山 令子
4939029239


以前にもこのブログで紹介したことがあるが、私の大好きな本。
絵本では珍しく“モノ”としての“家”がテーマ。
暗くて寒い家がいやで、引越しを考えていたのうさぎさん。
でも、掃除をしたら、暖かくて明るい居心地のいい家になった。

「新しい図書室も見ての通りあまり広くないし、元は物置だったところですが、この本ののうさぎさんのように、こまめに手入れをして、居心地のいい図書室になるように、がんばりたいと思います。
みなさんも、協力してくださいね」

子ども達もよくわかってくれたようで、今日はうんと静かだった。
狭くて、授業もまともにできるかどうかわからないし、読み聞かせやブックトークももうできないかもしれない、と悩んでいたけれど、
気持ちがあれば、なんとかなるものだなあ、と思った。


posted by Helenaヘレナ at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイン

新しい図書室は、元々普通教室だったので、出入り口が二箇所あります。
管理面から考えても、出入り口は一箇所がいいので、
一方は締め切りにしました。

西.jpg

こちらからは入れません。

本の森、入り口はこちら。

東.jpg

書架のサインも作り始めました。

「本の森」なので、葉っぱのマークにしました。

あいうえお.jpg

らりるれろ.jpg

「先生、こっちの方が“森”らしいね。ここなんか、森の小道って感じ」

書架と書架の間を探検しながら、子ども達はそう言ってくれます。



posted by Helenaヘレナ at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

物置からの再出発

17日の月曜日からいよいよ引越しが始まった。
予定は午後からだったので、午前中一人寂しく書架から本を取り出していると、今回の責任者兼実行者の教頭先生が台車を2台引き連れて現われた。
「さあ、始めましょう!」
と声高らかにおっしゃるがと、
「えっ、教頭先生お一人ですか・・・」というこちらの戸惑いをよそに
あれよあれよという間に、空いた書架を台車に載せ運び去っていった。
しばらくして教務主任の先生、養護の先生も参加。
午後は担任以外の全先生が手伝いに来てくれて、
なんとたった一日で引越しは完了したのだった。

移転先は元・物置。
「物置」と書かれた避難経路図が壁に残っていた。

monooki.jpg

広さは一教室分くらいで、今までの図書室の半分程しかない。
全ての資料を持ってくることは不可能なので、
図鑑や事典、調べ学習用の図書は元の場所に置いてきた。
授業で資料を使う時は、担任の先生と一緒に元の図書室へ行き、
資料を選んだら、教室に持ち帰って学習する。
長居は危険ということだ。
新しい図書室は貸し出しと読書のみの使用。
机は3つ、椅子は18しか入らなかった。
200人近い児童がいる学校としてはとても足りない。
授業でクラス全員入ることも不可能。
幸い床がカーペット敷きなので、椅子がなくてもなんとかなるか!?

問題は山積みだが、それでも新しい図書室はとても居心地が良い
暖かいし、明るいし、なによりこの狭さがなんとも落ち着くのだ。
やっぱり私は、小さい部屋の方が性に合うんだわ〜。
と思っていたら、様子を見にきた子どもが入るなり、
「ここ、すごい落ち着く〜」と言った。
やっぱりそうなんだ。
部屋には、落ち着くところとそうでないところがあるんだなあ。

火曜日からは、書架の整理と掃除に追われた。
年度始め忙しくてやっていなかった机の中や収納棚の中も
使いやすいように整頓した。
月曜日の引越し疲れもあって、肩も腰もバリバリだが、新しい巣作りはとても楽しかった。
やりながら、ああ愛しい!やっぱりがなくっちゃね!と思った。

金曜日の五時過ぎ、ついに完成しました。
私が自分でレイアウトして、自分で整理した図書室。
正直なところ、問題は山積みでも多少危険はあっても、
もう引っ越したくない〜!

hikkoshigo.jpg

西側から.jpg

o-namennto.jpg

posted by Helenaヘレナ at 15:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

本の森イエローカード

来週はいよいよ図書室のお引越し。
お引越しが終わるまで、図書室はクローズ。
なので、今週は特別貸しだし期間として、、毎日2さつ貸し出した。
しかし、その前にやらなければいけないことがあった。

返却日を過ぎている子への「本の森イエローカード」の発行だ。

イエローカード.jpg

もともとは、学校のイベント等で図書室から足が遠のいている子を
呼び込むことが一番の目的だったのだが、
調べてみたら、いるわ、いるわ、全学年、三分の二以上が返却日を過ぎていた。
さすがにちょっと頭にきたので、娘に「本の森番 怒りの一撃キャラ」
を描いてもらった。
ところが上がってきた絵を見ると、振り回しているかな棒がどう見てもエビフライにしか見えない。
本の森番怒りのエビフライになってしまった。
それで、「エビフライではありません」と注意書きをつけた。

本を返す時は、このカードも一緒に持ってきて、返した印のスタンプを
右下の化け物の口の中に押してもらうように伝えた。
その後は栞にも使ってもらえるように、ちょっといい紙で印刷した。

効果は上々。
子ども達は、みんな嬉しそうにイエローカードを持参してやってくると、「遅れてスミマセン」としおらしく頭を下げた後、こう聞いてきた。
「先生、これエビフライじゃなければ何なんですか?」
えっ、これ?海老天です・・・・。


posted by Helenaヘレナ at 20:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

レイアウト

いよいよ、図書室のお引越しが決まった。
移転の理由は、耐震性に問題があるため。
もともと、危険な場所として有名ではあったが、
四川の大地震を機に、市の調査が入った。

上の階にあった教室はすでに、夏休み中に南館に移動した。
残るは図書室だけ。
南館はもう空き部屋がないので、
同じ館の反対側に位置する「物置」に移動することになった。
ところが、この「物置」、一般教室分の広さしかない!
それで調べ学習のための図書を今の図書室に残して、貸しだし頻度の高いものだけ移動する案が出た。
授業で調べ学習をする時のみ、先生の付き添いの上、元の図書室へ行き、資料を選んだら、
教室に持っていってやる。
他に方法がないから仕方ない、と言われても、司書としてなかなか納得できるものではなかった。
蔵書管理はできないし、図書室から足が遠のくことは必至だし、
第一、図鑑も事典もない図書室なんて・・・。
虫や魚の図鑑を見るために図書室に来る子だっているのだ。
図書室が建物のあっちとこっちに分かれたまま、
この先何年もやっていくなんてできるだろうか?

と、ぐだぐだ悩んでいる内、保護者や職員の声が少しは届いたのか、
もしかしたら仮設図書室が来年あたり建つかも、という情報が入ってきた。
そういうわけで、とりあえず安全を重視し第一段階の「物置」への移転が決まったのだ。

自宅の引越しは何度か経験したことがあるが、図書室の引越しは初めて。
フレディさんが起こしてくれた室内図面と書架や机の図面を、切り張りしながら、
レイアウトを考えた。

図書室に閉じこもり、一人悶々悩んでいると煮詰まってくる。
そういうわけで、週末は肩こりがひどかった。

引越しは再来週からなんだけど・・・・。

レイアウト図面.jpg










posted by Helenaヘレナ at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ、なんの葉っぱ?クイズ

これ、ナンノハッパ?.jpg

11月4日からスタートした「これ、なんの葉っぱ?クイズ」。
葉っぱなんかに興味を示してくれるかしら?
と今ひとつ不安だったが、思った以上に大盛況だった。

でも、子ども達がわかったのは「銀杏」と「もみじ」くらい。
中廊下の「学校の周りの木マップ」も見たことがないようだった。

「先生、わかんないよ〜、何これ?」と言うので、
「ほら、そこにある本で調べるんだよ」と答えると、
「えっ?本見ていいの?」と早速ページを繰り、目についた名前をめくらめっぽう言ってくる。
「もっと、ちゃんと見て。葉っぱの形が全然違うでしょ」
なんて、あきれていたのだが、毎日葉っぱを少しずつ足しながら、
二日目、三日目になると、図鑑の繰り方にも慣れてきた感じで、
またたくうちに、言い当てられて葉っぱはなくなっていった。

結局、予定していた日より早く用意していた栞が全部なくなって終了。
「え〜、もう終わっちゃたの?」
「先生、今度いつやる?」
こんなに評判がいいとは思わなかった。
「じゃあ、図書室の引越しが終わったら、新しいとこでまたやろうか」
と答えると、
「え〜、図書室、引っ越すの?どこに?」
と、そっちの話でまた盛り上がったのだった。

hananoki名前.jpg

栞の裏には、その葉っぱの名前のシールを貼った。
名前を覚えてもらえるように。
そして、それをあてた子の名前のシールも横に貼ってプレゼント。
やっぱり自分の名前が貼ってあると嬉しいみたいだ。
「ありがとう。大切にします」と言ってくれた女の子。
うん、大事にしてね。
でも、名前があるから、今度は挟んだまま本を返してもわかるよ。


posted by Helenaヘレナ at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 図書室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。